gemelar

4ヶ月と半分

私の母業4ヶ月目は、少し身体の大きい次女の寝返り開始で幕を開きました。今では30分以上楽にうつ伏せできょろきょろできますが、最初は疲れると泣き、焼けたお煎餅のようにひっくり返せば、また寝返りたくて泣き、昼寝の途中に突然思い出したかのようにフエェーと泣き。彼女が生まれて初めて自分の意思を表示していることを噛みしめて、ぎゅっと抱っこしながらその成長を感慨深く思う日々でした。

やっとベビーカーに乗れるほど首も据わってきたので、散歩時間も長くして、最近は週末よく車で数分の森にまで足を伸ばします。ある日の週末は朝ごはんを持参して、小さな湖の脇で食べました。二人は見たこともない広い空とそよ風にゆれる新緑をものめずらしそうに眺めていました。長女は父親に抱っこされて、「あー!あー!」といつも出したことない声を上げていたく森が気に入ったよう。次女は無言で葉っぱをじーっと眺めて、手に葉っぱを持っていくと指をチロチロと動かす程度。彼女は新生児時から物をよーく観察する子なのでこの反応は予想以内と言えそう。ふたりとも正反対ではないけれど違いがあります。余談ですが、森にはベラアウホと呼ばれる行者にんにくが自生しているので遊びに行くたびに一食分くらい取っては中華やパスタに使ってます。朝露の残る時間の森はほのかににんにく臭いくらいで。

先日は2人を連れてのレストランランチを決行。双子ベビーカーがおけるテラスのあるレストランもしくは店内の広いレストランということで、近くにあってよく行っていたギリシャ料理レストランへ。食事中一度も起きることなく眠っていてくれました。普段家ではちょっとの音でパッと目が覚めるのにああいう人の騒がしい感じではまったく起きることがないって不思議。安心するのでしょうか。以前友人の新居パーティに連れて行った時もそうで、新生児なのにパーティにきた皆に不思議がられました、2時間以上ぐっすりでしたしね。

まだ2人で目を合わせてニコニコする機会は片手の指程度しかなくて、お互いの存在を認めていると言えるまでに至っていない様子ですが、隣にいつも寝ていて遊んでいて泣いていて、生まれる前からずっと一緒だったなんて、いつ考えても奇跡としかいいようがない。「2人でない」という普通の状況がこの2人にはまったく想像できない未知の世界になるんですもんね。
e0257108_611313.jpg

[PR]



# by norocco | 2012-05-07 06:19 | 4-6ヶ月 4-6mth

しごとはじめ

ソメイヨシノとはいかないまでも、ドイツには桜の木がありました。以前暮らしていたマドリッドではアルメンドラ(アーモンド)が多く桜にはなかなか遭遇できなかったのですが、ここには山桜のような淡いものや八重桜があって散歩がてら眺めるのが日課になっています。3月末日生まれなこともあって自分の誕生日にはいつも桜が咲いているイメージなのでここでも少しですがそんな気持ちになれてほっとしています。
e0257108_5515517.jpg

後ろ髪を引かれながらも今月の頭に仕事に復帰しました。今の立場上&大切な子供達を養う為にも復帰は最初から決めていました。ほぼ自宅勤務ができること、完全フレックスなこと、周りの理解もあり義両親が昼間子供達の面倒を見てくれるという好条件がなかったら絶対に無理でしたが。そして何よりも双子なので旦の育児参加は必須(お手伝い感覚では二人は面倒見られません)。

ドイツ(今の会社?)では産前は陣痛直前まで働いてもいいのですが(実際陣痛開始前日まで通常勤務してました)産後は単胎妊娠では8週、多胎妊娠では12週の産後休暇が義務づけられており、その後の育児休暇はなんと最大で3年だそうです。3年も休んだらその間にもうひとり妊娠しちゃってまたさらに3年休んじゃって仕事復帰なんてできないじゃないかな普通。また、育児休暇を取らずに復帰しても子供が12ヶ月になる前なら取りたければ最大4週の育児休暇(その代わり3年の休暇はなし)が取得可能など、お母さんには助かる制度が多いです。当然そんな制度を享受する女性のほうが多いので、産後2-3ヶ月で復帰と聞いて驚かないドイツ人同僚はいませんでしたが、人は人、自分は自分と思って復帰です。

人見知りが始まる前に仕事に復帰したのはある意味良かったのかも。復帰前日、小さいなりに様子が違うことを察したのか今迄にないくらい二人共ぐずって、この子たちをおいて復帰しようとしてる自分を責めそうになる瞬間もありましたが。2週間経って、子供達も私も慣れて来たかな。ぐずりが酷くなった、発熱、夜泣き、のような変化はなし。

妊娠中もそうでしたが5:00-14:30くらいまで働き、仕事が終わった後は子供達を連れて散歩、本読み聞かせ、歌をうたい、お風呂に入って、ベッドで静かに手遊び、、というリズムができてきました。最近特によく笑うようになってきて、二人の笑顔と大人顔負けの放屁に心底癒される毎日です。私が働いているからといって二人の精神状態が乱れることがないように、私自身が穏やかに過ごすことが大切なのかなと日々思っています。
[PR]



# by norocco | 2012-04-21 05:24 | 1-3ヶ月 1-3mth

ついにややダウン

私の風邪っぴきが二人にうつってしまい鼻風邪っぴきになってしまいました。今のところ熱なく、機嫌もよいけど、鼻水があって苦しそうで、涙目にもなってる。今日の午後、ちょっと悪化してきたので早速隣の大学病院の急患へ。夜にもっと悪くなって慌てていくのも嫌だったので。

一瞬花粉症かアレルギーかと思ったんですが、先生によると新生児〜乳幼児では花粉症の症状はいくら早くても出ないとのこと。風邪の薬を処方してもらい、鼻がスーっと通って二人とも今夜はぐっすり寝てくれてます。良かった。自分の身体も大切にしないといけないのはわかっているんだけど、この小さい人たちのためと思うと自分の中のマゾ本能が最大限に出てしまいます。食欲もあるし笑顔も出てるから本人達は至って元気。で、結局自分の体調は完全ではなく相変わらずマスクしながらの育児。旦さんにお願いできることはしてますが、二人を丸一日お願いするのは大変すぎるので結局自分の睡眠時間が十分に取れず回復できないままでいます。

身体が弱ると産後の疲れが出て気分が凹み気味になりますね。手伝ってもらってありがたいはずの旦に対しても、子供のお世話の仕方などの要領の悪さが目についたりしてさらに凹んだり。「ありがたいんだからイラっとしちゃいけない」と頭ではわかっているつもりなのですがついつい口出ししたくなっちゃったり、口がすべっちゃったりして悪〜い雰囲気になっちゃってまた凹んだり、の繰り返し。来週からまた来てくれる義両親、特に義母がうるさすぎて子供達寝られないんじゃないかとか抱っこして落っことしちゃうんじゃないか(冗談みたいですがよく転ぶ人で、喋ってないといられない人。要は注意散漫すぎて怖い。まあ息子が怖がってるから本当に怖いんだろう。しかしなぜこんな無口な息子がうまれたんだろ?)などなど考えてたら、手伝いにきてもらうはずなのにそんな注意まで払わなきゃいけないのとさらに凹む始末。と悪循環のオンパレードになりましたわ。

とはいってもひとりでくよくよしても、子供達はおしめ替えろ、腹減った、と私を必要としているので、明日も負けずに頑張ります。今夜は二人の鼻が通って良く眠れてることが救いだわ。明日は旦さんの運転で魚問屋と韓国系スーパーへ買い出しして自分の食べたいものを沢山買い込んで健康になってやるー。

明後日の予定だったお食い初めも10日ほど延期して、みんなが具合の良い時にすることにしよう。

この木は家の前の公園にあるんだけどどうも桜っぽく見えて(まだ蕾のまま)。これが桜だったらこの下で花見だわ。それまでにみんなで回復しなければ。
e0257108_6501388.jpg

[PR]



# by norocco | 2012-03-26 06:53 | 1-3ヶ月 1-3mth

もう3ヶ月

わざとおしゃぶりをプイっと出すと楽しいことを学習してしまったため、二人してプイプイプイプイやっています。あっちがプイするとこっちもプイで、母さんおしゃぶりを口に突っ込み直すの疲れます、何せ二人分ですから。

この1ヶ月で笑顔が随分増えて、おもちゃやぬいぐるみ、絵本を見ると笑ったり、父さんと手遊び(父さんが勝手に子供達の腕をもって燃えよドラゴン並みに「あーたたたた!」と動かすという遊び)すると口を大きく開けて「ヌハハ」と笑うようになりました。あと父さんとのほっぺ遊びも大好きみたいです(父さんが勝手に手の甲で子供達の両ほっぺを下からペタペタ押し上げながら「ホッペホッペホッペホッペホッペ」と永遠に言い続ける遊び)。

お互いの存在もわかるようになってきました。二人を抱き上げて対面させると、今迄出した事もないトーンで一生懸命会話しているみたい。しかも一方が発声している時はもう一方は黙ります。お互いの声?匂い?お腹の中で一緒にいたことを記憶しているのでしょうかね。といってもひとりは頭位、もうひとりは骨盤位(逆子)で顔が近づいていたことはまずないはずなんですけどね、お互いに足の匂いを嗅ぎ合ってるみたいな状態でしたから。ふたりのやりとりはこれからもっともっと面白くなることを大いに期待しています。

長女(5.2kg)
特技はえびぞりと取り替えたばかりの新しいオムツに爽やかにウ○チすること。
e0257108_15102561.jpg

次女(5.5kg)
特技は9時間たっぷり寝て起きた後に、全身を震わせて早朝の雄叫びをあげること。
e0257108_15123273.jpg

[PR]



# by norocco | 2012-03-21 17:13 | 1-3ヶ月 1-3mth

初節句

限られた食材でなのでお祝いの真似事みたいなものですが、やりました。
前日、二人を旦さんに見てもらっている間に、いそいで魚問屋&スーパーへ走り食材調達、前夜から授乳/ミルクの合間に下ごしらえ開始。日本のじーじから頂いたひな人形2セットの前で、二人の無病息災、あらゆる災いから守ってもらい元気に暮らせるようにおひな様にしっかりお願いしておきました。事情のわからない二人も一緒にテーブルにつかされて、「おめでとう」とキスのシャワー、その後は父さん母さんが食べてるところをじっと見つめてました。それにしても二人のお守りをしながら(旦さん協力のもとですが)こういう行事の準備の大変さを実感。お食い初めもどうなることやら・・その前にひな人形2セットを片付けるという使命があるのでした。。明日明日。。
e0257108_1322114.jpg

e0257108_1363435.jpg

[PR]



# by norocco | 2012-03-05 13:31 | 1-3ヶ月 1-3mth
スペイン人の旦那とドイツ暮らし/2011年12月生まれの双子の女の子と黒猫も。
by norocco
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
妊娠全般 pregnancy
妊娠中期 2nd trimester
妊娠後期 3rd trimester
1-3ヶ月 1-3mth
4-6ヶ月 4-6mth
6-9ヶ月 6-9mth
1歳 1yr
クマ kuma
新生児 new born
ドイツのこと Germany

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

最新の記事

最初のスキンシップと新しいこ..
at 2013-07-24 18:44
すこしずつ
at 2013-06-16 07:26
面談のこと
at 2013-06-16 07:16
時間をかけるドイツの慣らし保育
at 2013-05-27 22:38
保育園、やっとはじまります
at 2013-03-20 06:34

ファン

ブログジャンル

画像一覧