gemelar

<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧




4ヶ月と半分

私の母業4ヶ月目は、少し身体の大きい次女の寝返り開始で幕を開きました。今では30分以上楽にうつ伏せできょろきょろできますが、最初は疲れると泣き、焼けたお煎餅のようにひっくり返せば、また寝返りたくて泣き、昼寝の途中に突然思い出したかのようにフエェーと泣き。彼女が生まれて初めて自分の意思を表示していることを噛みしめて、ぎゅっと抱っこしながらその成長を感慨深く思う日々でした。

やっとベビーカーに乗れるほど首も据わってきたので、散歩時間も長くして、最近は週末よく車で数分の森にまで足を伸ばします。ある日の週末は朝ごはんを持参して、小さな湖の脇で食べました。二人は見たこともない広い空とそよ風にゆれる新緑をものめずらしそうに眺めていました。長女は父親に抱っこされて、「あー!あー!」といつも出したことない声を上げていたく森が気に入ったよう。次女は無言で葉っぱをじーっと眺めて、手に葉っぱを持っていくと指をチロチロと動かす程度。彼女は新生児時から物をよーく観察する子なのでこの反応は予想以内と言えそう。ふたりとも正反対ではないけれど違いがあります。余談ですが、森にはベラアウホと呼ばれる行者にんにくが自生しているので遊びに行くたびに一食分くらい取っては中華やパスタに使ってます。朝露の残る時間の森はほのかににんにく臭いくらいで。

先日は2人を連れてのレストランランチを決行。双子ベビーカーがおけるテラスのあるレストランもしくは店内の広いレストランということで、近くにあってよく行っていたギリシャ料理レストランへ。食事中一度も起きることなく眠っていてくれました。普段家ではちょっとの音でパッと目が覚めるのにああいう人の騒がしい感じではまったく起きることがないって不思議。安心するのでしょうか。以前友人の新居パーティに連れて行った時もそうで、新生児なのにパーティにきた皆に不思議がられました、2時間以上ぐっすりでしたしね。

まだ2人で目を合わせてニコニコする機会は片手の指程度しかなくて、お互いの存在を認めていると言えるまでに至っていない様子ですが、隣にいつも寝ていて遊んでいて泣いていて、生まれる前からずっと一緒だったなんて、いつ考えても奇跡としかいいようがない。「2人でない」という普通の状況がこの2人にはまったく想像できない未知の世界になるんですもんね。
e0257108_611313.jpg

[PR]



by norocco | 2012-05-07 06:19 | 4-6ヶ月 4-6mth
スペイン人の旦那とドイツ暮らし/2011年12月生まれの双子の女の子と黒猫も。
by norocco
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
妊娠全般 pregnancy
妊娠中期 2nd trimester
妊娠後期 3rd trimester
1-3ヶ月 1-3mth
4-6ヶ月 4-6mth
6-9ヶ月 6-9mth
1歳 1yr
クマ kuma
新生児 new born
ドイツのこと Germany

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

最新の記事

最初のスキンシップと新しいこ..
at 2013-07-24 18:44
すこしずつ
at 2013-06-16 07:26
面談のこと
at 2013-06-16 07:16
時間をかけるドイツの慣らし保育
at 2013-05-27 22:38
保育園、やっとはじまります
at 2013-03-20 06:34

ファン

ブログジャンル

画像一覧