gemelar

カテゴリ:新生児 new born( 5 )




沐浴

体重もだいぶ増えて安定してきた二人、生後3週間くらいに沐浴はじめました。念のため買っておいたベビーバスはまーったく活躍することなく、ヘバメに教えてもらった通り洗面所のシンクで赤さんはお湯に浸からされております。最初はオリーブオイルのみというワイルドさ(ヘバメの教えによる)でしたが、最近はWeledaの子供用バスジェル利用(オリーブオイルは時々利用)。シンクに足やお尻が届くからか安心するようで泣くこともありません。無理矢理この世に出されるような形で生まれた小さいほうの子はもしかしたらお湯に浸かるのを怖がるかと思っていましたが、あくびまでかます程余裕もあり。

授乳の前に入れるようにしているので、二人の気を紛らわせたり&いいタイミングで入れるのはなかなか至難の業。。旦さんの留守を想定してひとりで入れてるというのもありますが。最初は、何をどう準備して二人が湯冷めすることなくスムーズに浴後のミルクまで辿り着くか考えまくりでしたが、ここのところようやく、お湯に気持ちよく浸かっている二人に話しかけられる程度の余裕が私にも少し出てきたところ笑。

e0257108_058577.jpg

e0257108_0412599.jpg

[PR]



by norocco | 2012-02-04 01:47 | 新生児 new born

まだ早い

光よけのブランケットをめくったら、黒いのちゃっかりいました。
我が家の新入り二人をクマが受け入れてくれたことは喜ばしいけど、
添い寝はまだ早すぎる。
e0257108_18112385.jpg

e0257108_18114675.jpg

[PR]



by norocco | 2012-01-07 18:13 | 新生児 new born

ヘアドライヤーの威力

ヘバメ(助産婦)さんに毎日きてもらってます。二人の体重もここへきてだいぶ安定して増えてきたので一安心。おっぱい飲む量も増えて来ました。その調子だ。赤ちゃんは裸になると、つかまるところがなくて心もとないのかよく泣いてしまいますが、ヘアドライヤー(写真右下)で温風を送ってあげるとびっくりするくらい静かになる、ヘバメに教えてもらいまして目から鱗。赤さん、温風の来る方を向いては恍惚な表情を浮かべてます。ドライヤーの音も好きらしいです。体重測定と着替えの時はヘアドライヤー欠かせません。
e0257108_10442742.jpg

e0257108_1045788.jpg

[PR]



by norocco | 2012-01-05 10:48 | 新生児 new born

新年おめでとうございます

明けましておめでとうございます。

2011年は世の中全体も自分自身の人生も、喜怒哀楽が全力で詰まっていた1年でした。
日本を離れて久しぶりに戻って来た欧州、周囲からすると変わらずフラフラして心配ばかり掛けている私達夫婦ですが、本人達は(これでも)いろいろ考えて行動しているつもりだったりします笑。守るべき愛する家族みんなが幸せであること、夫婦共通の絶対的な価値観が、私達を支えてくれています。

そんな私達の元に無事に生まれて来てくれた小さい二人が、さらに私達夫婦を強くしてくれそうで、今年はとっても楽しみです。二人のために父さん母さん奔走するよ!周りにご迷惑を掛けながらの子育てになりそうですが、どうぞ温かい目で見守ってやってください。

どの地の皆様にとっても2012年が喜びに満ち溢れた年となりますように。
e0257108_7291837.jpg

[PR]



by norocco | 2012-01-02 07:30 | 新生児 new born

うまれました

2010年12月19日(月)の朝、小さいながらも2人の女の子が生まれました。
e0257108_1455395.jpg

36週とちょっと、ということで4週程早いお産、やっぱりそれまで感じていた陣痛はそういうことだったんですね。もう妊婦生活は終わりじゃ!終止符を打たれた気持ちです笑。

ひとりめ*1880g 45cm
ふたりめ*2260g 46cm

日曜朝にふたりめに出て来る子の羊水が破水、ひとりめがまだ完全に下がって来ていなかったことから救急車で病院へ。ひとりめの準備が出来るまでは横になっていなければならないこと、陣痛促進剤は使わずに私自身の陣痛が始まるのを待つことを先生に言われそこから長いお産への旅が始まり、分娩まで30時間、夫婦共につき進みました。我が旦さんは、殆ど飲まず食わず(もちろん寝ず)に子宮口が開くまで私の散歩(寒かったので病院フロア内を・・)や陣痛に付き合ってくれ、クライマックスの分娩台では先生の指示を耳元で伝えてくれ、逆子だったふたりめを産む時には立て膝でいきむ私に両肩を貸してくれました笑。もうほぼ残っていなかった最後の力を振り絞ることができたのも、彼と、「赤ちゃん僕のこと待ってたんだね!あと1時間後にはもう君はお母さんになっていることを約束するからね!」と月曜朝に出勤してきた産科を統括している先生の励まし(本当にその通りになった)、何よりも分娩チームの適切な判断のお蔭だったと確信しています。ひとりめとふたりめの分娩の時間差はたったの3分、これは後から自分でもびっくりしました、ひとりめを仰向け〜椅子に座っているような状態で生んだ後、すぐに立て膝になれと指示がありその通りにしてふたりめを生んだ記憶はあるのですがまさかこんなに短い時間だったとは。予定通り自然分娩(PDA - 無痛)でした。

ひとりめの小さい子は、体重がきちんと増えるかどうか管理してもらうために生まれてすぐ小児科病棟へ搬送されることになりました。分娩後朦朧としながらも小さい子を抱かせてもらい母乳をあげました。最初の肌と肌のコンタクトがいかに大切か、先生も私達も認識していたので意識が遠のきつつもしっかり抱きしめたことを覚えています。お蔭で小さくても最初から乳首を吸うのがとっても上手に。(小さいけど)大きい子にもその後すぐに乳首を吸わせました。

私と(小さいけど)大きい子は一緒の病室で4日ほど過ごし無事退院。病室から毎日、小さい子の病棟へも通いました。最高の免疫になる最初の黄色みがかった初乳(wiki参照)をできるだけ与えるためにフラッフラでしたけど頑張りました笑。出産後5日目くらいまで出たかな。退院してからは日に2回、おむつ替え、体重と体温チェック、授乳に通いました。そんな小さい子は、小児科での成長著しく2100gまで体重が増えたので、29日の昨日、無事にお家に戻り、約10日ぶりに二人は今揃って眠っています。(小さいけど)大きい子も2310gに増えています。

小さい子が無事に戻って来て家族全員で新年が迎えられ、1月のレジェスマゴス(スペインではクリスマスよりも大切な三賢者のパレードの日)にも間に合いました。こんなところに本当に入るの?とちょっと心配していたベビーベッドにも余裕で二人並んで同じ顔して寝ているのを見ると、改めて感慨深いです。

こんなに小さいのに二人共しっかり性格が違っていて面白い。私はまだフラフラしてはいるものの自然分娩のお蔭かだいぶ回復、二人の育児を楽しみ始めています。これからが大変だとは思いますが、まだ大泣きもせずフニフニいってお腹が空いていることを教えてくれるだけのかわいい新生児の数日を満喫しています。
[PR]



by norocco | 2011-12-30 14:43 | 新生児 new born
スペイン人の旦那とドイツ暮らし/2011年12月生まれの双子の女の子と黒猫も。
by norocco
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
妊娠全般 pregnancy
妊娠中期 2nd trimester
妊娠後期 3rd trimester
1-3ヶ月 1-3mth
4-6ヶ月 4-6mth
6-9ヶ月 6-9mth
1歳 1yr
クマ kuma
新生児 new born
ドイツのこと Germany

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

最新の記事

最初のスキンシップと新しいこ..
at 2013-07-24 18:44
すこしずつ
at 2013-06-16 07:26
面談のこと
at 2013-06-16 07:16
時間をかけるドイツの慣らし保育
at 2013-05-27 22:38
保育園、やっとはじまります
at 2013-03-20 06:34

ファン

ブログジャンル

画像一覧