gemelar

最初のスキンシップと新しいことに取り組む姿勢の関係

※タイトル変更しました。最初は「スキンシップと性格の関係」としていたのですが、性格自体に影響を及ぼしている訳ではないと思ったので。

分娩直後からお母さんの肌で赤ちゃんを暖めるカンガルー哺育。妊娠中から夫婦でよくその話をしていて、旦さんが読んだものの中に、しっかりスキンシップをとった子は守られているという安心感から新しいことや未知のことに対して物怖じしない、逆にスキンシップが少なかった子はそういう意味で臆病になる傾向にある、と。それにこだわることもなく、なるほどね、と軽い気持ちで話したのを記憶しているのですが、最近本当にそんな風に育ってるんじゃないかと感じる場面がよくあります。

生まれた時から長女(低体重だったため最初数時間のスキンシップ&授乳の後、10日間ほど母子別の病棟で。母は毎日授乳に通っていた。)はまさにラテン系で運動量も多く、みているこちらがどきどきするような動きや踊りをしていて、反対に次女(誕生後からずっと母子同室。)は慎重派、何でも比較的注意深く試すし、新しいことをするのに考えて考えてアクションまでに時間がかかる人なので、夫婦で、なんだー反対だったねなんて話していたのですが。でも保育園に通っていろんなことができるようになり、お休みの日にいろいろな公園やアスレチックなどに行って二人の動きを見ていると、やっぱりその最初のスキンシップの効用があらわれていると確信が強くなってきました。具体的には、次女は新しいこと、ちょっとレベルの高い遊具(つり橋だったり長ーい滑り台だったり)も初めてでもあまり怖がらずに自分で考えてひとりで上ったり下りたりできるんですが、長女においては怖がって母か父が手を繋いだり怖さがなくなるまで一緒にいたがる。長女はてっきり無鉄砲系に育つんじゃないかと思っていたのに、かなり意外なことに慎重というよりもむしろ臆病な感じ。一度(ひとたび)慣れたり居心地の良さを自分で感じられればそこからはもう楽しく過ごせるのですが、自分がcomfortableに感じられるまではとっても慎重なんだなってことで、もともと危険な動きをする子なので逆にいいのかもしれないー。

まあこれもきっとまた変わっていくんだと思いますが、1歳半の記録ということで残しておこうと思った次第。

ちなみに言葉はもうカオス始まってます、かーか(かあさん、と言ってるつもり)、Ja、Nein、Danke、Bye、はっぱ、赤、up、agua(スペイン語で水)、、予想通りドイツ語優勢!どうしましょ!って地道に母がんばりまーす。
e0257108_18425815.jpg

[PR]



by norocco | 2013-07-24 18:44 | 1歳 1yr
スペイン人の旦那とドイツ暮らし/2011年12月生まれの双子の女の子と黒猫も。
by norocco
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
妊娠全般 pregnancy
妊娠中期 2nd trimester
妊娠後期 3rd trimester
1-3ヶ月 1-3mth
4-6ヶ月 4-6mth
6-9ヶ月 6-9mth
1歳 1yr
クマ kuma
新生児 new born
ドイツのこと Germany

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

最新の記事

最初のスキンシップと新しいこ..
at 2013-07-24 18:44
すこしずつ
at 2013-06-16 07:26
面談のこと
at 2013-06-16 07:16
時間をかけるドイツの慣らし保育
at 2013-05-27 22:38
保育園、やっとはじまります
at 2013-03-20 06:34

ファン

ブログジャンル

画像一覧