gemelar

つれづれ

赤ん坊を2人同時に育てていて思うことは、子育てでノイローゼになる暇がないんじゃないかと思うくらいにやることが沢山あるということ。双子を育てるのは3倍の労力が必要よと周囲に言われていたけど、本当にそうだった~。イヤイヤ期に辿り着く前の比較的育てやすい時期でも、おむつを替えるお尻はふたつあるし、着替えもふたり、ご飯をあげるのもふたり、寝かしつけもふたり、、自分が座って一息つく瞬間が笑っちゃうくらいにない。手を抜くにもどこを抜いていいのかわからない、旦さんにも掃除や洗い物の一部、子守りも手伝ってもらっているというのに、何だかわからないけど休む時間がない。眠る時間も少ないけど横になる時間がまずない。。

黄昏泣きの時期もあったんだったか・・そんなにひどい時期はなかったように思う、もしくはもう遠い昔で忘れてしまったか・・片手で数える程度、夜中に暗闇で泣く我が子を夫婦ふたりで途方に暮れながら寝かしつけた覚えはアルのでそのあたりが私にとって辛かった時期かもしれない。6ヶ月目あたり。

ただ産後のイライラは例外なく私にも来たです。旦さんに何度キレた(いまだたまにキレてる・・)ことか!産まれてから余計に要領の悪さが目について。それから私の場合、双子の母で早期に会社復帰している状況が、「自分は誰よりも頑張ってる」感をものすごく煽ってる。よくないのはわかっているのだけど、好きで子供おいて働いてる訳じゃないという気持ちがあるので、なかなか旦さんにもしっかり厳しい自分です。双子の子育てにおいて父親の参加は決して「特別」なものではなく「当然」だと思います。

うちの旦さんは子育てが取り立てて得意でもない典型的な男性ですから、泣く子供をあやしたり、イヤイヤする子供にご飯をあげたりするのは本当に辛そう。ただ「ぼく(ら)には母性がないのだから、辛いのは当たり前」と頭から決めつけているのがどうも腑に落ちない。母性がなくても子供が嫌がる気持ちを考えてうまくあやせる男性は沢山いるのだから、多少の努力は必要なのよ、女性だってある程度母親になるための努力はしているんですよーすべて本能だけでうまくいっている訳ではない、きっと上手くあやせないや子育てに苦悩してる人はいる。

旦の子育て参加をもってしても共働きの双子育児は毎日自転車操業フル回転、いつになったら落ち着くのか先の見えない旅の真っ最中です。まだイヤイヤがないだけいいかなと思ってる、多分これから別の大変さが待っているんだろうな、と。旦は、これからのほうが言葉で伝えられるようになるから楽になるはず、と極めて楽観的、心構えのスタンスが全く違う・・あとで「実はそんなに甘くなかった」ことを知ってガッカリするのにねえ。
[PR]



by norocco | 2013-02-17 07:46 | 1歳 1yr
スペイン人の旦那とドイツ暮らし/2011年12月生まれの双子の女の子と黒猫も。
by norocco
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
妊娠全般 pregnancy
妊娠中期 2nd trimester
妊娠後期 3rd trimester
1-3ヶ月 1-3mth
4-6ヶ月 4-6mth
6-9ヶ月 6-9mth
1歳 1yr
クマ kuma
新生児 new born
ドイツのこと Germany

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

検索

最新の記事

最初のスキンシップと新しいこ..
at 2013-07-24 18:44
すこしずつ
at 2013-06-16 07:26
面談のこと
at 2013-06-16 07:16
時間をかけるドイツの慣らし保育
at 2013-05-27 22:38
保育園、やっとはじまります
at 2013-03-20 06:34

ファン

ブログジャンル

画像一覧